kogfum

自転車をもっと自由に楽しむためのブログ

ロードバイク・自転車関連用品を安く買うためのコツ、あれこれ。

     自転車全般

150906-0008

自転車好きならどうしても気になる自転車グッズの数々。
あれもこれも欲しくなって困ってしまいますよねぇ。
すべて買えるリッチな方ならそう問題ないですが、なかなかそうもいかないです。
僕もどれを買うかいつもかなり迷います。

そこでロードバイク・自転車関連用品を買う際にどうにかして安く買えないか検討する方法をいくつかご紹介します。

wiggleのセールのチェックは欠かさずに

ロードバイク乗りにはおなじみのwiggle。まずはここをチェックします。

⇒ オンラインバイクショップWiggle

wiggleのよいところを挙げるとキリがないですが以下の点がポイントになりますかね。

  • 海外通販サイトなのに日本語対応も完璧で安心
  • 特筆すべきセール情報。70%オフなんて商品が一杯
  • ¥7,498円以上の買い物で送料無料(記事執筆時)
  • 各ブランドとのコラボオリジナル商品がある
  • コスパの良いWiggleの自社ブランド「dhb」が狙い目
  • 各ブランドの日本未入荷のアイテムも豊富

といったところでしょうか。
消耗品などを安い時期にまとめ買いしておくのもいいですし、ジャージなどシーズン毎に入れ替えになるアイテムはシーズンオフ前の11月前後からどんどん安くなってきます。
年末年始のセールまでにはサイズがなくなる商品が多いのでチェックはこまめにしておくとよいですよ。

CRC(Chain Reaction Cycles)で特売品を買う

海外通販のもうひとつのオススメ「CRC(Chain Reaction Cycles)」です。
もちろん日本語対応です。

Chain Reaction Cycles | MTB | ロード | トライアスロン | ランニング

こちらもwiggleと同じかそれ以上に取扱商品が多いショップです。
wiggleで取り扱いのない商品も多いのでこちらもチェックします。

クリアランスセール品を見ていくと、日本の製品であるshimanoのコンポーネントが楽天の国内ショップで買うよりもCRCのほうが安くなっていることがあります。こういうのが特売品の狙い目ですね。

注意点としては関税です。
一定額以上であれば送料は無料になるのですが、関税を忘れると後で結構取られることもあります。
wiggleもそうですが海外から買う場合は気をつけたいところですね。

税額については計算がややこしいので省きますが、16,000円以下であれば関税がかからないらしいです。
なので送料無料になる金額〜16,000円までの間で買えるものは基本的にはお得になります。
金額以上のものや特定商品(ウェアやシューズ)は税率などを調べるとよさそうです。ただ実際にはこれも結構アバウトなのですよねぇ。
詳しくは関税のページをご参考に。⇒ 少額輸入貨物の簡易税率 : 税関 Japan Customs

xborderを使ってAmazon.com(米国amazon)から買う

xborderはAmazon.com(アメリカのamazon)からの商品購入を代行してくれるサイトです。
日本では高いアイテムや日本未入荷、日本在庫切れのアイテムを探すときに使えます。
サイトはもちろん日本語ですのでxborderでアカウント作っておけばあとは商品を選ぶだけです。

アメリカAmazon商品を気軽に簡単個人輸入・海外ネット通販サイト【Xボーダー】

なぜか日本では異常に高い商品てあるんですよね。
それに日本未入荷のシリーズもAmazon.comならあったりします。
国際配送料、xborder利用料を込みにしても日本のamazonや楽天で売っているものよりも安いなんてアイテムもありますよ。


Xボーダーから「Giro Synthe Helmet-Bright Red / Matte Black-M & Etip Lite Gripper Glove Bundle」を個人輸入

もちろん関税はかかりますのでそこはチェックが必要です。
xborderでは商品ページの下の方に関税チェッカーが用意されているので、必要な項目を選択すると想定関税額を表示してくれます。

xborderの関税チェック画面

xborderの関税チェック画面

これで商品総額と関税の総額がわかるのでお得な場合はxborderで買うと安く買えますね。
僕はアカウントを作ってあってwiggleやCRCで取り扱いがないものがxborderに安くあれば買う感じで使っています。

ebayまたはsekaimonでお手頃アイテムを落札する

シーズンが過ぎてしまったウェアやコレクション要素の強いアイテムはなかなか上述のサイトでは見つかりません。
そういう場合にはebayなどの海外オークションが便利です。
ただebayはもちろん英語なのでやり取りが困るぞという方はebay公認のオークション代行サイトsekaimon(セカイモン)を使うと便利です。

セカイモン(sekaimon)

代行なので落札後のやり取りはすべてお任せです。
落札できたらあとは商品が届くまで待っていればOKなのはいいですよ。
海外オークションのトラブルでよく聞く商品が発送されないといったときにもsekaimon(セカイモン)から催促の連絡を入れてくれます。

日本のオークションにはなかなか出てこないアイテムがびっくりするぐらい安く出ているときがあります。
特にサイクルウェアは大きいサイズが多く出ていることと、逆に小さいサイズは競合が少ないので狙い目です。



急いでいるならAmazonプライムはやはり侮れない

そしてやっぱり侮れないのはAmazon.co.jp。おなじみの日本のAmazonのプライム商品。
金額的にはそんなに安くないものでも送料がかからない分、プライム商品のほうが結局安く付く場合があります。
もちろんプライム会員(年額3,900円)になっていることが必須です。

Amazonプライム

シーズン毎にちょくちょく補給食や消耗品を買うのであればプライム会員はお得ですし即日発送などは明日のライドでどうしても必要となったらありがたいサービスです。
Amazonプライム会員なら9月下旬からはプライム・ビデオで映画もTV番組も追加料金なしで見放題になるので、ちょうどいいですね。

まとめ

楽天でポイントを貯めていくというのもトータルで安く買うコツではあるとは思いますが、海外通販サイト、海外オークションを使って安く購入する方法も是非試してみてください。

サイクルウェアや自転車関連アイテムはシーズンセールで爆安になっているものが結構あるのでそれらを安く買って、浮いたお金を新しいロードバイクを買う資金作りに回したいところですね。