kogfum

自転車をもっと自由に楽しむためのブログ

ロードバイクの盗難防止に。クラウドGPSトラッカー「TrackR bravo」で今度こそNo more 自転車泥棒。

     自転車の盗難防止

150926-0008

©TrackR

自転車の盗難対策に期待のGPSを使ったトラキングデバイスですが徐々に使えそうなアイテムが出てきていますね。
そんな中以前クラウドファンディングで資金を募っていたGPSトラッカー「TrackR bravo」が製品として発売されています。

「TrackR bravo」はクラウドGPSを使ったトラッキングデバイスで、複数のTrackRユーザーを繋ぐことで広範囲に位置を追跡できる仕組みです。
TrackRを付けていれば自転車の盗難に遭ったときに消えた自転車の位置がわかるかもしれないという素敵なアイテムです。

via:Track your phone, wallet, keys & anything else with TrackR!
Track your phone, wallet, keys & anything else with TrackR!

GPSトラッカーなのにかなり小さい

トラッキングデバイスとしてはおなじみの大きさになってきているコインサイズ。
そのうえ薄さが3.5mmとひときわ小さいサイズとなっています。
小さいので財布に入れたりキーチェーンに付けたりできるのは便利ですね。
ロードバイクなどの自転車であればフレームに付けたり、サドル下に貼ったりできるサイズです。

150926-0006

©TrackR

バッテリーはボタン電池で1年間

バッテリーはボタン電池です。
バッテリー寿命はなんと1年間。これは長いですね。
GPSトラッカーとして使うならバッテリーが長いとありがたいです。
また、電池の入れ替えをすれば引き続き使えます。

150926-0004

©TrackR

追記:電池の持ちが悪いというレビューも多いようですね。カタログスペックとのギャップは考慮した方が良さそうです。

スマホから位置を把握。アラーム機能つき

スマホ用のTrackRアプリからデバイスを登録すると位置情報を把握できたり、アラームを鳴らしたりできます。
スマホとTrackR bravoはbluetoothで連携して作動します。作動範囲は30メートルです。
キーチェーンに付けておけば鍵をなくしたときに近くで鳴らしてみたり、逆にスマホ側へアラームを鳴らすこともできるようです。

©TrackR

©TrackR

オプションで専用防水ケースも

アクセサリーにはペットの首輪へのアタッチメントやカラビナのほかに防水ケースがあります。
自転車に使うのであれば防水ケースは便利そうですね。
購入の際のオプションで追加できます。

150926-0007

©TrackR

最大のポイントは複数ユーザーでのクラウドGPS機能

「TrackR bravo」の最大のポイントはTrackR bravoユーザーを繋いでつくるネットワークです。
メーカーはCrowd GPSと呼んでいるみたいです。bluetoothの範囲から離れてしまった自分のTrackR bravoの位置も、近くにいる他のTrackR bravoユーザーを中継して位置情報を把握できる仕組みです。
これならTrackR bravoが多く使われているエリアにあれば位置を追跡することができるかもしれないですね。

TrackR bravoのサイトでは使用されているエリア地図を見ることができます。
(スマホの方はサイトの中ほど、Check Your Coverageというボタンから見られます)

アメリカはさすがに多いですね。

150926-0013

記事執筆時

ニューヨーク近辺を拡大してみるとこんな感じ。このくらいならネットワークも活用できそうですね。

150926-0012

記事執筆時

さて、肝心の日本はどんな具合かというと

150926-0002

記事執筆時

東京大阪名古屋あたりはだいぶ集まっていますね。東京付近を拡大してみると

150926-0015

記事執筆時

主要な駅付近にはだいぶデバイスがあるみたいですね。

公式サイトの地図表示にあるデバイスの有効範囲は厳密な範囲ではないでしょうから、デバイスがどの程度あるかのイメージくらいに考えておくとよいかも。仕組み上は自分のTrackR bravoデバイスが他のユーザーのTrackR bravoアプリの側を運良く通り過ぎれば位置がわかるかもというくらいでしょうね。

あとはユーザー数が多い方がネットワークが広がるとなると、どうやってユーザーを増やすかがポイントになってきますよね。
キャンペーンで無料配布とかしてくれればもっと増えそうですけれど。

製品の詳細は動画でも見ることができます。

実際に自転車盗難への効き目はどうか

GPSトラッカーということで自転車での利用にどのくらい効果がありそうか、興味深いところです。
TrackRのサイトに実際にTrackRを使った実験の動画がありました。
自転車にTrackRを取り付けて、そのまま放置、その後盗難された自転車をTrackRを使って取り返しにいくという感じですね。

のんきなBGMのせいもあって、かなり平和に取り戻せている感じがしますね。
やらせじゃないのかという気もしますが、こんなイメージだよくらいにとらえておくとよいかもしれないですね。

まとめ

ということで、小ささやバッテリー時間などなどメーカーサイトで発表されている機能的には文句なしです。
バッテリー時間は実際はもう少し短いみたいですが電池交換できるのであれば使えないと言うことはないかも。

あとはCrowd GPSがどこまで有効かですが、これは多くの人が使うことが必要になってきます。
使う人が増えれば増えるほど追跡しやすくなるネットワークの構築がポイントになりそうですね。
ともあれ、約30メートルのbluetoothもありますし、使い勝手が楽しみな端末です。

もちろん、盗まれる前の準備として、堅牢な鍵をかけることをお忘れなく。
チタン製プレートの自転車の鍵「TiGr® mini Bike Lock」Uロックサイズで登場 | kogfum

TrackR bravoのような盗難・紛失防止アイテムがもっと増えて自転車盗難が少しでも減りますように。

自転車の盗難防止にはこちらの記事もあわせてどうぞ。
自転車の盗難防止 | kogfum