kogfum

自転車をもっと自由に楽しむためのブログ

邪魔にならないスマートなデザインの自転車用ベル「Knog Oi」をKnogが資金調達を開始

     自転車全般

Knog Oi

©Knog

ロードバイクにベルは取り付けなくてはいけないですが、いざ取り付けようと思うと場所に困りますよね。ハンドル周りはごちゃつくし、何より大きさや形が唐突でなんだかなという感じです。
そんな中、デザイン性の高い自転車用ライトでおなじみのKnogが自転車用ベル「Knog Oi bicycle bell」を開発中とのこと。
これは気になります。

【追記】ついに「knog oi」が手元に届いたのでこちらの記事でレビューをしています。合わせてどうぞ。
ロードバイクに馴染む目立たない自転車ベル「knog Oi」レビュー | kogfum

via:Knog – Bicycle Lights, Locks and Video Lighting
Knog – Bicycle Lights, Locks and Video Lighting

カップ型ではないスマートなベル

一般的な自転車用ベルはカップ型の金属パーツですが、Knogは筒状の金属パーツがリング状になっています。指輪のようなデザインでかなりスマートです。
素材もバリエーションが用意されているのでスタイルに合わせやすいのもポイント高いですね。

Knog Oi

©Knog

こんな形で音がなるのかと思いきや、動画で見る限りなかなかよく響いていますね。

ハンドルにスッキリ収まるデザイン

ハンドルに取り付けたときにすっきり収まるデザインはさすがKnog。
これならハンドル周りがごちゃつきがちなロードバイクやシンプルデザインのピストでも見た目を気にせず使えますね。

Knog Oi

©Knog

サイズは2種類で内径はLargeで25.4〜31.8mm、smallは22.2mmです。

Knog Oi

©Knog

まとめ

自転車用のベルは基本的に鳴らすことはない(歩行者にむやみにならしていけない)のに付けなくていけない(条例で装着義務があったり、ライドイベントのレギュレーションだったり)というなんとも矛盾した存在ですよね。

「Kong Oi bicycle bell」のような見た目にスマートで邪魔にならないデザインのベルなら付けておいても良さそう。
現在Kickstarterで資金調達中ですので早く手に入れたい方、どうでしょうか。

“Oi” : The bike bell that doesn’t look like a bike bell. by Knog — Kickstarter

このデザインならどの自転車にも合いそうなので早く一般発売してほしいですねぇ。

【追記】amazonでも取り扱いが出始めましたね。

【追記】ついに「knog oi」が手元に届いたのでこちらの記事でレビューをしています。合わせてどうぞ。
ロードバイクに馴染む目立たない自転車ベル「knog Oi」レビュー | kogfum