kogfum

自転車をもっと自由に楽しむためのブログ

ロードバイク用ヘルメットが派手すぎて苦手な人に贈るかぶりやすいヘルメット

     自転車全般

urban_helmet

クロスバイクやミニベロでのサイクリングやいつもの通勤通学でもヘルメットはあったほうが安全です。ぜひ使いたいところです。
ただ、あまりにスポーティー過ぎるデザインのヘルメットは普段着には派手すぎてちょっと気が引けるというのもわかります。
そんなときは少し落ち着いたデザインのシティーライド向けのヘルメットを使ってみるのも良いかと思います。

ということで、街乗りやポタリングでかぶりやすいヘルメットを集めてみました。気になるヘルメットがあったらチェックしてみてください。

GIRO ASPECT

GIRO aspect

©GIRO

プロレースから街乗りまでシチュエーションに合わせて選べるラインナップが魅力のGIRO。
そのなかでもURBANシリーズはシンプルなデザインで普段着にも違和感なく使えるところが魅力的。
取り外し式のつば付きなのでサングラスを使わない街乗りでも日差しを遮りやすいのはいいですね。

GIRO ASPECTのほかにも低価格帯のGIRO REVERBなどもあります。

ABUS HYBAN

ABUS

©ABUS

ABUSといえば自転車用の鍵で有名ですがヘルメットもいろいろ作っています。
とくにアーバンタイプは帽体後部にライトが付いていたりと街乗りを想定したものが多いのも特徴です。

ABUS HYBAN+は通常のABUS HYBANのアップグレード版で取り外し可能なバイザーが付いていたりと街乗りとちょっとしたサイクリングのどちらでも使えそうなところが面白いですね。

↓こちらは通常版のABUS HYBANです。

OGK KOOFU BC

OGK KOOFU

©OGK KOOFU

OGKのブランドKOOFUは機能性の高いアーバンタイプのヘルメットが揃っています。
BCシリーズはロードバイク用ヘルメットにありがちな流線型デザインとはひと味違うデザインです。
上位シリーズBC-OROには帽体サイドにシンセティックレザーのワンポイントがついています。

CARRERA FOLDABLE HELMET

CARRERA FOLDABLE HELMET

©CARRERA

ヘルメットとしては珍しい折りたたみ式。横幅が2/3くらいになるので自転車を降りた後の持ち運びに便利です。
普通のヘルメットは持ち運びに困るというひとにどうでしょうか。

DOPPELGANGER ブリムカスク

DOPPELGANGER

©DOPPELGANGER

これは厳密にはヘルメットではなくヘッドギアの部類になりますが、キャップ感覚でかぶれるのでお手軽でいいですね。
自転車に乗るときに頭部の保護はしたいけどヘルメットまではちょっとという場合にどうでしょう。

まとめ

シンプルで落ち着いたデザインのヘルメットならスーツや普段着のときにも使いやすいかもしれないですね。
ロードバイクのエアロで流線型なデザインが苦手というかたはアーバンタイプのヘルメットを選んでみてはいかがでしょうか。

もちろんロードバイクのようにある程度スピードを出す自転車の場合、汗もかきますし空気がしっかり流れるデザインがオススメです。
こちらにロードバイク用ヘルメットをまとめています。あわせてどうぞ。
ロードバイク用ヘルメットの主要ブランドまとめその1 | kogfum
まだまだあるロードバイク用のヘルメットブランドまとめその2。使用チームも併せて紹介。 | kogfum
これなら人と被らないかも?ロードバイクヘルメットブランドその3 | kogfum