kogfum

自転車をもっと自由に楽しむためのブログ

雨の日に履き倒してわかった軽量防水GORE-TEXシューズ「HAGLOFS(ホグロフス) L.I.M HI GT」の凄さ

軽量防水GORE-TEXシューズ HAGLOFS ホグロフス L.I.M HI GT

雨の日の靴選びはなかなか難しいもので、普段の靴では濡れてしまうし濡れたまま一日過ごすのは不快です。
かといって長靴では今度は蒸れてしまって気持ち悪い。お気に入りの革靴なんてもってのほか。

そんな鬱々とした梅雨時期を快適に過ごすために、以前購入した「HAGLOFS(ホグロフス) L.I.M HI GT MEN 」を履き倒してみたので、そのレビューをしてみます。
雨の日の靴選びに迷っている方、参考にいかがでしょう。

購入の経緯と購入理由

なぜ「HAGLOFS(ホグロフス) L.I.M HI GT」を買ったのかということですが、すばり防水性とデザインです。
いままで雨の日に長靴やブーツを履いていたのですが、どうも蒸れるのがダメでなんとか防水で軽量でデザインの良い、できればGORE-TEXのシューズはないものかと探していたわけです。

防水性はGORE-TEXの靴であれば問題ないだろうとは思っていましたが、GORE-TEXでかつデザインが自分好みの靴というのがなかなか見当たらず探し回っていました。GORE-TEXの靴ってどうしてもゴツめの登山靴になってしまうかビジネス風革靴とかが多いですよね。

「HAGLOFS(ホグロフス) L.I.M HI GT」は防水性もしっかりしているのに軽やかなスニーカーといったルックスが気に入って購入を検討していました。ASICS(アシックス)との共同開発というのも気になる点でした。スポーツシューズブランドのノウハウは期待できそう。

ということで実際に明治通り沿いのHAGLOFSの旗艦店に行って試着してみた結果、これはかなりよさそうだと判断して購入しました。

軽量防水GORE-TEXシューズ HAGLOFS ホグロフス L.I.M HI GT

防水性能はさすがのGORE-TEX

「HAGLOFS(ホグロフス) L.I.M HI GT」で使用されているGORE-TEXはGore Tex® Extended Comfortです。暖かい気象条件下での使用に最適で運動などの発汗量の多いシチュエーションにも適しています。

via:GORE-TEX® EXTENDED COMFORT フットウェア
GORE-TEX® EXTENDED COMFORT フットウェア | フットウェアテクノロジー | GORE-TEX® プロダクト

雨の中でも濡れずにかつ蒸れないのはさすがGORE-TEXですね。
雨の中長時間歩いても、自転車に乗っても、泥道の水たまりのなかを歩いても浸水しないし蒸れないのは本当に凄い。

軽量防水GORE-TEXシューズ HAGLOFS ホグロフス L.I.M HI GT

ベロ部分はガゼットタン(袋状になっている)ので結構深い水たまりに入っても水が浸入することはありません。
泥道の遊歩道を歩いて泥だらけになっても、水たまりにわざと入って靴をゆすいで泥を落とすということもできました。

水を含まない繊維なので濡れない、重くならない

アッパー素材はポリエステルメッシュで撥水性も高くなっています。
繊維が水を含まないので生地自体が濡れないこともポイントですね。

内側がGORE-TEXでもアッパー素材が濡れる素材だと水を含んで重くなる上、いつまでも湿った状態になってしまいます。
雨の一日疲れて帰ってきて、次の日も雨だったとき、朝から濡れた靴を履くことを考えると憂鬱です。
例え内側が濡れないGORE-TEXであっても外が濡れていたら台無しなのです。僕的には。

その点、「HAGLOFS(ホグロフス) L.I.M HI GT」は簡単に水滴を払えばすぐ乾くのでいいですね。

サイズは細身、Dウィズくらいかも

アウトドアシューズではめずらしい細身のデザインとなっています。
厳密に測定してはいませんが、いつも履いている同サイズ(UK6.5)でEウィズの革靴と比べると細身で足の両サイドがぴったりとします。「HAGLOFS(ホグロフス) L.I.M HI GT」のアッパーから側面は柔らかい素材なのでジャストフィットでも痛くなることは少ないです。むしろジャストの方が靴内での余計なダブつきがないので歩きやすいと思います。

ただ、EEやEEEといった幅広の方や甲高の方はワンサイズ上でも良いかも知れません。
サイズがわからない場合は革靴などを買う際に足のサイズを測ってもらうか、寸法表などで確認してみることをお勧めします。
「HAGLOFS(ホグロフス) L.I.M HI GT」を共同開発した「ASICS」のサイトに寸方表がありますので参考にしてみてください。

via:足型計測とフィッティング | asics.co.jp
足型計測とフィッティング | asics.co.jp

多少のサイズ誤差は大きく開く履き口と足首の上まである靴紐で調整はしやすいです。

HAGLOFS_lim_hi_gt_06

細めのわりに、つま先部分が広めなのでキツくない

横幅は細めですが、指の付け根からつま先に書けては若干広めにできているようでキツく感じることはありませんでした。
指の付け根部分には足一周分の補強がありますが、指部分はメッシュ素材がメインになっているので指部分が自由になるのですね。

HAGLOFS_lim_hi_gt_05

ベロ部分が大きく開くので脱ぎ履きしやすい

ハイカットの靴は脱ぎ履きがめんどくさそうですが、「HAGLOFS(ホグロフス) L.I.M HI GT」は履き口が大きく開くため脱ぎ履きしやすいです。
また踵部分に脱ぎ履きしやすいようにループが付いているので、ベロとループを持って足をぐっと押せばすぐに履けます。

軽量防水GORE-TEXシューズ HAGLOFS ホグロフス L.I.M HI GT

長靴ではなかなかこうはいかないことが多いですね。
ジャストサイズだと脱ぎ履きが大変で、それが嫌で大きめのを履くと今度はガポガポと歩きづらいし。

まとめ

防水性もGORE-TEXで合格、重さも軽量で合格。デザインもスマートなので合格。もう期待通りです。
梅雨時期はこれしか履かなくなっているくらい大変気に入っています。
普段靴としてがしがし履けて、雨でも何も気にしないで済むというのはいいものですね。

ということで、雨の日の防水シューズの購入をお考えで「HAGLOFS(ホグロフス) L.I.M HI GT」が気になっている方はぜひ。
ホグロフスのお店のスタッフの方がいってましたが入荷数が少ないみたいでサイズがすぐ無くなるそうなのでお早めに。