kogfum

自転車をもっと自由に楽しむためのブログ

ロードバイクにも合う軽量カーボン製リアキャリア&パニアバッグ「Tailfin」

     自転車全般

Tailfin

©Tailfin

自転車で荷物を運ぶ方法はいろいろありますが、リアキャリアとパニアバッグという方法が荷物が多いときには便利ですよね。
通勤通学のときなどでもバックパックやメッセンジャーバッグと違って背中が蒸れず、肩も凝らないので快適です。
ただ問題としてはキャリアやパニアバッグを付ければそれなりに車体が重くなるので、スポーツバイクであれば軽さを犠牲にすることになります。

そこで「Tailfin」のような軽量なカーボン製のキャリアと軽量素材のパニアバッグはどうでしょうか。
荷物は運びたいけどできるだけ軽くしたいという願望を叶えるアイテムかも。

via:Tailfin | Carbon bike rack & pannier
Tailfin | Carbon bike rack & pannier

軽量なカーボン製リアキャリア

Tailfin

©Tailfin

パニアバッグを取り付けられるリアキャリアは通常アルミやステンレスといった金属製が多いですが、「Tailfin」はカーボン製。
カーボン製ということで当然軽く仕上がっています。

キャリアの重量は275g。
付属パーツを含めるともう少しありそうですが、一般的なキャリアと比べて半分程度の重量は凄いですね。

Tailfin

©Tailfin

日本のミノウラ製の軽量キャリアRC-1000が重量540gなのでそれよりも軽いですね。

カーボン製キャリアということで、実際どれだけ強度があるのかちょっと不安な面もありますが、工業規格のLUGGAGE CARRIERS(EN 14872-2006)をクリアしているということで実用性には問題なさそうです。

取り付けは専用クイックレリーズとシートポストクランプ

キャリアは専用のクイックレリーズとシートポストクランプで取り付けます。
どちらも取り外ししやすい機構で簡単に外せるようです。
ロードバイクなどのスポーツバイクに付けたとしても、すぐに荷物を外して走れていいですね。

Tailfin

©Tailfin

Tailfin

©Tailfin

ただカーボン製のシートポストを使っている場合はクランプで余計な力がかかるためちょっと心配ではあります。

防水性の高い軽量パニアバッグ

Tailfin

©Tailfin

パニアバッグも防水性の高い生地が使われていて、中の荷物も安心です。
サイズは一つで24L。両サイドに付ければ48Lと大容量です。
横幅も310mmと17inchのパソコンでも収納できるサイズです。

Tailfin

©Tailfin

まとめ

キャンプツーリングなどでより軽く、より多くの荷物を運びたいなら「Tailfin」のような軽量キャリア&パニアバッグというのも面白いですね。
スポーツバイクによく似合うカーボン製キャリアというのもこれから面白いジャンルかもしれないですよ。

「Tailfin」は現在Kickstarterで資金調達中。
軽いリアキャリアとパニアバッグに興味がある方は要チェックですね。

Tailfin: Ultra-light carbon bike rack & panniers by Tailfin Cycling — Kickstarter

そこまで多くの荷物は運ばないという場合はブルベやバイクパッキングでおなじみの大型サドルバッグの出番です。合わせてどうぞ。
大型大容量サドルバッグ「Apidura アピデュラサドルバッグ」レビュー。これはロングライドやブルベに最適だ | kogfum