kogfum

自転車をもっと自由に楽しむためのブログ

大型大容量サドルバッグ「Apidura アピデュラサドルバッグ」レビュー。これはロングライドやブルベに最適だ

ロングライドやブルベに最適な大容量サドルバッグApidura SADDLE PACK

ロードバイクなどでのロングライドや、ブルベのような長距離イベントに参加するとき、行きは自走で目的地に向かって帰りは輪行予定のときがありますよね。また一泊程度の自転車旅行のときには輪行バッグの他にも着替えなどをどうやって持ち運ぶか考えなくてはいけません。

自分は以前バックパックを使っていたのですが、肩は凝るし背中は凝るしで少々使いづらかったので、大きめでたっぷり入るサイズのサドルバッグに買い換えようと思い、あれこれ探した結果、最終的に「Apidura SADDLE PACK(アピデュラ サドルバッグ)」に行き着きました。

気になっていたのは収容力、重さ、防水性能、そしてデザイン。
Apidura SADDLE PACK(アピデュラ サドルバッグ)」はバイクパッキング用バッグ専門ブランドの製品だけあってすべてをクリアするアイテムです。
数シーズン使ってみたところ、ロングライドでの輪行や宿泊ライドなどに最適なベストアイテムでした。

Apidura
via:Apidura | Bikepacking // Randonneuring // Ultralight Cycle Touring
Apidura | Bikepacking // Randonneuring // Ultralight Cycle Touring

大容量かつ大きすぎない、さらに容量の調整ができる

荷物が多いときには大容量のサドルバッグが便利ですが、大きすぎるとばたついて邪魔になり、小さすぎると荷物すべてが入らなかったりで、アイテムをジャージのバックポケットなどに無理につめなくてはいけなくなるので困ります。

「Apidura SADDLE PACK」はREGULAR(レギュラー)、MID-size(ミドル)、Compact(コンパクト)の3種類のサイズがあり自分の用途に合ったサイズが選べます。しかもロール式の開閉なので容量の調整幅が広いです。
最大容量はREGULAR(レギュラー)が17.5LMID-size(ミドル)が14LCompact(コンパクト)が11Lとなっています。
荷物が多くなる真冬以外であれば、日帰り〜1泊程度ならCompact(コンパクト)の11Lで十分使えます。

Compact(コンパクト)サイズでもこんなに入ります。

Apiduraサドルバッグ 収納力

  • サンダル
  • 輪行バック一式
  • レインウェア(ロングスリーブ)
  • 替えのアンダーウェア上下
  • オーバーパンツ(ロングパンツ)

この一式が入ってまだ余裕があります。替えのジャージとジャケットも入りますね。

Apiduraサドルバッグ コンパクト

高い防水性能

Apidura SADDLE PACKの素材には4層のラミネート加工されたファブリックが使用されています。
防水性能も申し分ないので天気が気になるときにも使用できます。

Apidura SADDLE PACK

ただ、縫い目の処理はバウンドシーム(当て布処理)ではあるのですが熱圧着などのシール処理ではないことを考えると水に沈めておいても大丈夫というほど完全防水ではないようです。
土砂降りのなかを一日中走るようなシーンには向かないかも知れません。ただそういう機会はあまりないので、十分な防水性能といえます。

【追記】防水性能がアップしたニューバージョン「アピデュラ サドルバッグ ドライ(DRY)」がリリースされました。
大型サドルバッグのアピデュラ(Apidura)から防水性能アップのDRYシリーズが登場 | kogfum

DRYシリーズは圧着シール処理なのでより一層の防水効果が望めますね。

とにかく軽量

ブルベでよく使われている大型サドルバッグはだいたい10〜15リッター前後の大きさのものが多いようですが、その中でも重量を比べてみると格段に軽いです。
Apidura SADDLE PACKのREGULAR(17.5L)が400g、MID-size(14L)で360g、Compact(11L)で350gです。
参考までに他の同じくらいのサイズのものをリストしておきます。

  • Revelate Designs Terrapin(14L):496g(Drybag込み)
  • suew Rera(10.2L):477g
  • Black Burn OUTPOST SEATPACK(10.5L):450g
  • ORTLIEB サドルバッグ L(2.7L):455 g

サドルバッグはシートの後ろに付けるため重量が大きくなるとふらつきの原因になります。
なるべく軽いものがいいですね。

揺れにくい

「Apidura SADDLE PACK」は取り付け角度が他のものに比べて縦に起きた状態になるので後ろに長くなりすぎないこともポイントです。
後ろに長くなるとダンシング(立ちこぎ)のときに大きく揺れるので走りづらくなります。
さらにシートポストに留めるバックルの幅が広いことも揺れ軽減に効果がありますね。

Apidura

荷物が少ないときには揺れやすくなりますが、そういう場合に揺れなくするコツはストラップをしっかり締めることと重いアイテムを一番底に入れることですね。

まとめ

「Apidura SADDLE PACK(アピデュラ サドルバッグ)」は大容量大型のサドルバッグなのに走っているときは荷物を持っていることを忘れられるくらい快適です。ブルベに参加する方達にも人気みたいですね。
輪行やロングライド、ブルベ、ちょっとしたお土産を買う予定のポタリングなどなど、荷物が多めのライド用にひとつ持っているとなにかと便利です。

ということで、アピデュラの大型サドルバッグ「Apidura SADDLE PACK」の良いところは

  • 大容量かつ容量の調整ができる
  • 高い防水性能
  • とにかく軽量
  • 揺れにくい

今までバックパックを使っていた方にも是非使ってみて欲しいですね。背中が軽いロングライドは快適です。かなりオススメですよ。

追記:アピデュラのサドルバッグは人気のようでオンラインでの在庫が少ないみたいです。
同様の大型サドルバッグでは「ORTLIEB オルトリーブ シートパック」も良さそうですね。