kogfum

自転車をもっと自由に楽しむためのブログ

ロードバイクをはじめて買うときに合わせて購入しておくとよいもの。

     ロードバイク, 自転車全般

ロードバイクをはじめて買うとき、車体を選ぶほかにもいろいろと必要な物があります。
買い忘れてしまって、友達とのロングライドに行く予定に間に合わなくて慌ててショップで探したなんてことにならないように、予め買っておくといいですね。

ということでロードバイクをはじめて買うときに一緒に購入しておくとよいものを挙げてみました。
これからロードバイクを買おうという方の参考になればと。

ヘルメット

ロードバイクは初心者でもかなりスピードが出る乗り物です。
それに自転車のサドルは足が付くか付かないかくらい高めにセッティングするので、停車時にうっかり転倒することもあります。
なにより車道を走ることがメインになるのでヘルメットは買っておくと良いと思います。
ヘルメットにはいろいろなタイプがありますが、最初のヘルメットは価格は安いもので問題ないと思います。

ロードバイクを始めるときによくわからなかったこと。ヘルメットのタイプ編 | kogfum

ショップで試着してフィット感を確認しておくとよいですね。
気に入ったヘルメットの店頭在庫がない場合、取り寄せに時間がかかることもあります。
ロードバイクを購入する際に注文してしまうとか、ネットで在庫のあるショップに問い合わせしておくと良いと思います。

ワイヤー鍵やU字ロックなどの鍵

これもマストアイテムですね。
ロードバイクの使い方にもよりますが、最低でも大小合わせて2つくらい買っておくことをオススメします。

ロードバイクは前後輪共に手で簡単にはずせるようになっていますから、駐輪時にはタイヤとフレームを繋いで、さらに地球ロック(地面と直結しているポールやフェンスにつなぐこと)をしておくと盗難の心配が減ります。

鍵もいろいろなタイプがあるのではじめて買うときは迷いますが、ダブルループができる長めのワイヤーロック、U字ロック、フォールディングロックなどから選んで買っておくと良いと思います。

もちろん防犯登録もお忘れなく。

シューズ

ロードバイクにはじめて乗る場合に迷うところといえばシューズ選び。
フラットペダルの場合は必要ないですが、SPDタイプ、SPD-SLタイプどちらの場合でも専用のシューズが必要です。
自転車をショップで購入するならお店で相談してみると良いと思います。
フィッティングが重要なので実店舗で試着することが大切です。

サイクルジャージ

これも買っておくといいですよ。
ロードバイクはどんな服装でも乗れますが、バックポケットのついたジャージは使い勝手もよいのでオススメです。
初めのうちは安い物でいいので夏用に半袖、春秋冬用に長袖を一枚づつ買って試してみると良いと思います。

厳冬期にも乗る予定の場合はさらに防寒性の高いジャケットが必要ですね。
ジャージの他にもパット入りのレーパン(サイクル用パンツ)もあると良いですが、初めのうちは恥ずかしいという人も多いみたいなので、なれてきたらでも良いとは思います。

レーパンは恥ずかしくて履けないというあなたに贈るレーパン以外の選択肢 | kogfum

どんどん乗るようになれば、レーパンが必要ということに行き着くので、そのときになってからレーパンを選んでもよいと思います。

ボトル

これも合わせて買っておくといいですね。
ショップオリジナルのボトルやプロチームレプリカなどいろいろなタイプがあるので、好みのボトルを買っておくと気分が高まります。

飲み口のタイプによって好みがあると思うのでその辺りもチェックしてみてください。
ロードバイクで使うボトルの飲み口のタイプ別オススメアイテム | kogfum

サドルバッグ

サドルバッグはいろいろな種類があるので、どれにするか選ぶのが楽しいアイテムです。
ロードバイクで遠出する際にツール各種や予備チューブをいれて持っていくことになるので、早めに買っておくと良いと思います。

ロードバイクを始めると欲しくなるもの。サドルバッグ編 | kogfum

パンクキット&ツール各種

サドルバッグに入れることになるアイテムにパンクキットと携帯ツールなどのツール各種があります。
これらもはじめは安い物でよいのでロードバイクを買ったときに合わせて買っておくと良いと思います。
そのうち自分の気に入ったものに変えていくことになるとは思います。
どのツールをセットにして持っていくか考えている時間も楽しいものです。

ロングライドの持ち物リスト。おすすめの持っていくべきものあれこれ。 | kogfum

ライト

夜間にも走る予定がある場合はとくに必要です。
ロングライドの場合、トンネルがある場合もあります。トンネルでは前後のライトを付けた方が安全です。

まとめ

ロードバイクは周辺機材もいろいろあるのでどれにするか迷いますが、この迷っている時間も楽しいんですよねぇ。
定番アイテムにするか、それとも人とは違うアイテムを開拓するのか、そんな楽しみもあります。

ロードバイクをはじめて買うときには、当然周辺アイテムもはじめて買うことになるわけです。
はじめて買うときのわくわく感って、はじめてのときだけしか味わえない幸せです。
周辺アイテム選び、存分に楽しみたいですね。