kogfum

自転車をもっと自由に楽しむためのブログ

レインウェアの撥水力の回復に便利な防水スプレーを比較してみた「AMEDAS・BORED VITAL WP・レインガード編」

     自転車全般

自転車雨対策に防水スプレー比較

雨の日に自転車に乗るときにはレインウェアを着ることが多いと思いますが、使っていくうちに撥水性が落ちてきて水を弾かなくなってきますよね。高機能素材の場合は熱などで回復することもありますが、熱に弱い素材の場合は撥水スプレーが便利です。

ということで、今回は防水撥水スプレーの「columbus AMEDAS アメダス防水スプレー」、「BORED VITAL DIVISION / WR 防水スプレー」、「レインガード 衣類・布製品用撥水スプレー」を使ってみたのでその比較レビューです。

実験対象のレインウェアは「モンベル バーサライトジャケット」

撥水スプレーを試す素材としてモンベルのバーサライトジャケットを使用します。

超軽量かつ撥水性の高いジャケットで春夏秋のちょっとした雨の日に大活躍していたのですが、だいぶ使ってきたのでさすがに撥水性が落ちてきました。
撥水力が落ちて雨粒を弾かなくなっているので水は生地の上を流れるようになって染みこんだりしています。

自転車雨対策に防水スプレー比較

このジャケットを使って各種の撥水スプレーをエリア分けして散布、乾燥後に撥水効果を見てみようと思います。

  • columbus AMEDAS アメダス防水スプレー
  • BORED VITAL WR 防水スプレー
  • レインガード 衣類・布製品用撥水スプレー
  • 処理無し

の4パターンです。はてさてどんな感じになるでしょうか。

自転車雨対策に防水スプレー比較

「columbus AMEDAS」と「BORED VITAL WR 防水スプレー」

columbus AMEDAS アメダス防水スプレー

「columbus AMEDAS アメダス防水スプレー」は一般的な缶スプレータイプです。
フッ素系撥水・撥油剤を吹きつけて水分・ホコリ・ゴミ・油分等の汚れから守ります。
革靴などの天然素材のものにも使えます。

BORED VITAL WR 防水スプレー

「BORED VITAL WR 防水スプレー」はガススプレーではなく、ミストタイプです。
特殊樹脂レジンなどの成分を吹き付けて繊維をガードします。
ミストタイプということで手間はかかりますが、ガススプレーのような無駄な散布は少なくてすみそうです。

それぞれ散布して完全に乾燥させた後、雨と同じくらいの設定で散水ノズルで水をかけてみました。
結果は下の画像のようになりました。

自転車雨対策に防水スプレー比較

画像の左側がアメダス、右側がBORED WPです。
ぱっと見た感じではどちらもほぼ同じような効果となりました。
どちらも水が生地にあたってすぐに球状になって落ちていきます。かなり撥水力が高く、期待以上です。

違いがあるとすれば、水をかけたあとに生地をバサッと振って水滴を払らうと「BORED WP」のほうが若干残りやすいという感じでしょうか。

「レインガード撥水スプレー」と「処理無し」

レインガード撥水スプレー

「レインガード撥水スプレー」も一般的な缶スプレータイプです。
フッ素樹脂、シリコン系のスプレーですね。
手軽で使いやすいですが、他のものに比べて乾燥時間が長いです。

こちらも吹きつけ後、完全乾燥させてから水をかけてみました。
結果は次の画像のようになりました。

自転車雨対策に防水スプレー比較

画像の左がレインガード、右が処理無しです。
撥水具合は処理無しに比べると当然効果がありますが、前述の2アイテムに比べると弱めでした。

コストパフォーマンスはどうか

撥水力はアメダスとBORED WPが効果が高いようでした。
では値段などのコストパフォーマンスはどうでしょう。
それぞれの容量と金額は

  • columbus AMEDAS アメダス防水スプレー:420ml/¥2,160
  • BORED VITAL WR スプレー:300ml/¥3,400
  • レインガード撥水スプレー:180ml/¥652

ということで、金額だけ見ると「レインガード撥水スプレー」が一歩リードといった感じではあります。
ただ、撥水力も考えるとアメダス防水スプレーがよさそうですね。
BORED VITAL WRは割高ではありますが、耐久性が良いとの評判を聞くのでこちらもしばらく使ってみて、経過を見てみたいと思います。

まとめ

結果的には散布&乾燥後すぐの撥水力なら「アメダス」と「BORED WP」はほぼ変わらず、値段なら「レインガード」となります。
あと性能にはまったく関係ないですが、個人的にはパッケージの見た目の好みは「BORED WR」という感じです。

また今回使ったジャケット「モンベル バーサライトジャケット」は薄い生地で軽く、撥水性も高いので、これから夏にかけてちょっとした雨の日にゴアテックスでは暑いなという場合にオススメですよ。

雨の日にレインジャケットを着ているのに染みてきたり濡れたりするとかなりストレスが溜まります。撥水力が落ちてきたかなと思ったらお手入れは小まめにしておきたいところですね。

これからレインウェアを選ぶ予定の方にはいろんなレインウェアをまとめた記事もあります。合わせてどうぞ。
雨の日の自転車通勤で濡れたくなければレインウェアはしっかり選ぼう。 | kogfum