kogfum

自転車をもっと自由に楽しむためのブログ

はじめてのレーパン・ビブショーツ選びでのおすすめアイテム

     サイクルウェア

Pexels / Pixabay

Pexels / Pixabay

ロードバイクに乗り始めてからしばらくすると気になってくるものといえばレーパン・ビブショーツがありますね。
ロードバイクに本格的に乗るならやはり機能的なサイクルウェアが快適です。とくにレーパン・ビブショーツはお尻の痛み対策にもなりますし、タイトなフィット感なので空気抵抗も少なく、通気性・速乾性を考えてもベストなアイテムです。

はじめのうちはピチッとした見た目に抵抗がある方も多いかもしれないですが、一度履くとその快適さから多くの人がもっと早く着るべきだったというのもうなずけます。

ということで、はじめてレーパン・ビブショーツを選ぶときにオススメの定番ブランド・アイテムをまとめてみました。
ロードバイクにも慣れてきてこれから本格的にレーパン・ビブショーツデビューしようかなという方の参考にどうぞ。

レーパン・ビブショーツの良い点

まずははじめてのレーパン・ビブショーツということで、レーパン・ビブショーツの良い点をおさらいです。
レーパン・ビブショーツには

  • パットによりお尻の痛みが軽減される
  • タイトフィットで空気抵抗が少ない
  • 伸縮性のある生地で足の曲げ伸ばしが楽
  • 通気性・速乾性で汗をかいても快適
  • 生地の縫い目ですれない

といったメリットがあります。

サイクルショーツやハーフパンツでは余っている生地がばたついたり、裏地の縫い目で擦れて痛くなることがあるのでロードバイクなど長距離を乗る場合はレーパン・ビブショーツがやはりベストです。

またレーパンの場合は脱ぎ履きしやすいのでトイレに行きやすい、ビブショーツの場合はお腹が締め付けられないので楽といったそれぞれのメリットもあります。

では続いてオススメの定番ブランド・アイテムの紹介です。

品質なら国内大手ブランド「パールイズミ」コールドブラックパンツ

国内ブランドのサイクルウェアといえばなんといっても「パールイズミ」
はじめてレーパン・ビブショーツを買うならパールイズミのものを買っておけば品質で困ることは少ないと思います。
海外ブランドよりも買いやすい値段も嬉しいところですね。

お尻部分のパッドも種類が豊富なので自分の乗り方に合わせて選べます。
はじめてレーパンを買うのであれば、ベーシックな「PEARL IZUMI 220-3D」あたりがよいでしょうか。
お手頃価格でしかもコールドブラックという夏でも涼しい素材もポイントです。

自分がはじめて買ったレーパンもPEARL IZUMIのコールドブラックパンツでした。今でも日々のトレーニング用に活躍中。これといった不満がないアイテムです。

また、パールイズミはクイックビブという上下セパレートになるレーパンとビブのいいとこ取りなアイテムがあります。上下が離れるのでトイレに行きやすいという優れものです。
これもベーシックグレードがあるので試してみたいですね。

コスパ最強の「サイトウインポート」と「DECOJA」

はじめは高いウェアはいらないという方にはコストパフォーマンスにすぐれた「サイトウインポート」や「DECOJA」がオススメです。
はきつぶしても気にならない値段設定がいいですね。
高価なブランドのレーパンを履いて落車したり擦った日には悲しすぎてライドどころではないかも。

サイトウインポートは手頃な値段ということもあってサイズによっては入荷されるとすぐになくなります。
DECOJAはビブショーツも手ごろな価格なので初めてのビブにちょうど良いかもしれないですね。

ラインナップの多い「Sportful(スポーツフル)」と「Castelli(カステリ)」

デザインや機能をじっくり選びたいという方には「Sportful(スポーツフル)」と「Castelli(カステリ)」もいいですね。
スリーシーズン使えるベーシックなものから防水や防風のものまでカラーも多く迷ってしまうくらい。とにかく種類が豊富です。

なかでもSportfulでは「Sportful GIRO ビブショーツ」、Castelliなら「Castelli Endurance X2 ビブショーツ」あたりが手頃な値段で使いやすいモデルです。
どちらのブランドも大手量販店であれば取り扱いアイテム数は多いので気に入ったデザインがあれば是非着てみたいウェアですね。

値段はウェアのグレードにもよりますが、国内のショップで買うとパールイズミと比べて若干高いといった感じです。
国内ショップ以外でもロードバイク乗り御用達の海外通販サイトwiggleであればセールや円高の時期なら国内販売よりも安く手に入ることがあります。
海外通販なのに日本への送料無料のアイテムもあるので要チェックです。


Sportful – Giro ビブショーツ@wiggle


Castelli – Endurance X2 ビブショーツ

まとめ

ロードバイクに乗り始めたら一度は試してみたくなるレーパン・ビブショーツ。はじめての場合は履き心地など合う合わないは使ってみないとわからないことも多いので安めのベーシックなレーパン・ビブショーツがおすすめです。
一着試してみてなんとなく使い心地がわかってきたらお気に入りのブランドを探してみるとよいかもしれません。
もちろんはじめから高価なブランドで気に入ったもの一択というのもそれはそれで良いと思います。むしろうらやましいくらいです。

ということで、レーパン・ビブショーツが気になっている方は、なにはともあれまずは一着試してみてはいかがでしょうか。

それでもやっぱりレーパンはちょっと恥ずかしいという方は、オーバーパンツやサイクルショーツといったカジュアル寄りのレーパン以外の選択肢もあるのでこちらの記事もチェックしてみてください。
レーパンは恥ずかしくて履けないというあなたに贈るレーパン以外の選択肢 | kogfum